法律について

選挙に関する法律、選挙活動のルール

本来、選挙運動はできるだけ自由でなければならないのが、日本国憲法の精神であるのに対し、欧米諸国に比べ公職選挙法は選挙運動の規制・制限を非常に多く設けています。
さらに、公職選挙法や政治資金規正法をすべて守る事は至難の業とされています。
立法権を有する国会や議会から独立した第三者組織で定数や選挙区割、選挙方法などの制度が規定される例もあります。
法律に様々な活動制限があります。
選挙活動には、賄賂の金品などを利用して送り、相手に好意を抱いてもらい投票を得る行為は違反となっています。
食事を奢るなどの行為もルール違反となりますから、選挙活動中のかたは厳重に注意する必要があります。
選挙に参加し投票できる年齢は、以前は20歳からとなっていましたが現在は18歳からに変わり18歳からでも選挙投票が可能になりました。
国民から多くの投票や意見を得ることで、様々な年齢層の見解を知り得ることができ社会に貢献する力になります。