法律について

未払いの残業代請求を弁護士に頼む

勤めていた会社を退職し、不払いとなっていた残業代の請求を考えている場合、まずは法律の専門家である弁護士などに相談するとよいでしょう。
未払い残業代の請求権は2年で時効によって消滅してしまうことになるので、なるべく早い段階で相談することが重要となります。
未払いとなっている残業代を請求するためには、残業を行っていた証拠を揃えることが必要になります。
どのような資料が証拠となるかについても早い段階から弁護士などの専門家からアドバイスをもらったほうが良いでしょう。
実際に勤めていた会社と交渉をする場合、弁護士に交渉をしてもらったほうが、請求に応じてもらいやすいでしょう。
手持ちの資金がない場合でも、着手金を請求していない弁護士事務所などもあり、取り戻すことができた残業代から報酬を支払うこともできます。
会社との交渉が上手くいかず、労働審判や訴訟になってしまった時などには、特に弁護士の力が重要になってくることでしょう。